ネットショップは開業するだけじゃダメ!売れないなら集客に工夫を

STORES

 

Stores.jpで無料でネットショップを開業したのはいいけど、さっぱり売れない。
これって、Storesが悪いわけ?

 

 

あれ、無料プランだから売れないわけ?


 

 

そんなことはありません。無料プランでも、集客さえできれば売上に繋がりますよ。


 

魅力的な商品を揃えた!ショップのデザインも完璧!
早くお客さん来てくれないかな?

 

・・・ん?ちょっと待って。
ネットショップを自分の思い通りに作るの、結構大変な作業ですよね?
写真撮影やらサイトの配色、商品紹介やショップ紹介文、価格設定にメール設定。慣れないと本当に時間がかかります。
でも、いくら頑張って作ったショップでも、作っただけではお客さんは来てくれません。

 

では、何が足りないのか?と言えば、広告宣伝と分析です。

 

Stores.jpで商品が全く売れない原因

  • そもそもショップに集客ができていない
  • 顧客の行動分析ができていない

商品が揃って、ショップも綺麗に完成しているのであれば、足りていないのはココですね。
Stores.jpでネットショップを作ったのはいいけど、全く売れない!なら、集客の仕方をしっかりと考えてみませんか?

 

まずは、Stores.jpで無料でネットショップを開業

↓↓↓

 

 

かなり大事!ショップのアクセス解析

Googleアナリティクス

 

ところで、あなたのショップのアクセス解析をしていますか?

 

 

Stores.jpって無料プランだとアクセス解析付いてないけど?


 

 

無料ツールを使って、アクセス解析してください。


 

Stores.jpの有料プランでは、アクセス解析機能がありますが、無料プランでもグーグル・サーチコンソールやアナリティクスを使って解析できます。

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス)を使おう!

Google Analyticsでできることは、
あなたのショップサイトへの訪問者数

  • 1ページあたりの訪問者の数
  • あなたのネットショップへやってきた経路
  • ネットショップの滞在時間

など。
ここがわからないと、どのくらいの潜在顧客があるのか、どの商品に人気があるのかなどの分析ができません。

 

まずは、Googleアカウントを作成。

 

トラッキングコード(UA-で始まるID)を取得したら、Stores.jpの機能追加で「Googleアナリティクス」をONにして設定してください。

 

Google Search Console(グーグル・サーチコンソール)を使おう!

Google Search Consoleでできることは、

  • あなたのショップがどんな検索ワードで表示されているか
  • あなたのショップの検索順位
  • 検索表示された時のクリック率

など。
検索キーワードで上位表示されていることは、SEOで集客するためには重要なのですが、潜在顧客がどんなキーワードを使って検索しているかを知ることも重要です。

 

そのキーワードに合わせて集客をしていくと、あなたのショップサイトへの訪問者が増えるというわけですね。

 

Google Search Consoleは、先ほど取得したアナリティクスのトラッキングコードがあれば、あなたのサイトを登録することができます。

 

 

サイトの分析は重要です。ここまでの作業はサクッと済ませておいてくださいね。


 

ここまでは、基礎中の基礎ですので、アナリティクスやサーチコンソールの登録方法は、しっかりググって進めてください。
丁寧に説明してくれているサイトが多いので、ここでは省きますね。

 

Stores.jpのあなたのショップへの集客方法

STORESサンプル

 

ショップへの集客方法は、有料・無料どちらでも可能です。
ショップをしっかり作りこんでいて、商品にも自信がある。宣伝広告費を捻出できるなら、有料もあり。
少し時間がかかってもいいなら、無料でも集客可能ですよ!

 

STORESの集客機能をフル活用

STORESにも、無料で使える集客機能が備わっています。

  • Instagramでの販売連携
  • SNSとの連携
  • WEARとの連携
  • クーポンの発行
  • メールマガジン
  • 追客機能
  • ニュース機能
  • 無料セミナー
  • コミュニティTACOS

 

InstagramなどSNSとの連携は、かなり重要ポイントです。
SNSによって、顧客層が異なってきますので、あなたのショップの潜在顧客はどのSNSを使っているのかを見極めて利用することが重要。

 

SNSに関しては、後程詳しくご紹介しますね。

 

STORESには顧客管理機能が備わっています。
顧客の絞り込みを行い、顧客に合わせてメールマガジンを変更させるなど、有効に使っていきたいですね。

 

ニュース機能は、ネットショップでブログを書くことができる機能ですが、ブログを運用することで検索エンジンからの集客を増やすことができます。
正しい方法で、コツコツやる必要がありますが、ネットショップを強化できるのでしっかりと継続して運営してください。

 

また、STORESでは、無料でWEBセミナーを開催しています。
STORESの機能にやネットショップ市場の動向など、スマホで参加できますので利用してみてください。

 

TACOSは、ショップオーナーがノウハウを持ち寄って、施策やノウハウを共有するコミュニティです。
人気店のノウハウが共有できるコミュニティを活用しない手はありませんよ。

 

 

ほほう。無料でも集客機能やサービスがたくさん付いてるわけだ。


 

 

無料でショップに集客したい

まずは、とことん無料で集客を目指してみましょうか。
使える無料ツールを使い倒していきましょう!

 

SNSを有効活用しよう

携帯のSNS

 

まずは、あなたのショップの顧客層から考えてみてください。
SNSは「Twitter」「Facebook」「Instagram」「@LINE」などがありますが、それぞれ宣伝手段やターゲットとなる年齢層が異なります。

【日本国内データ】

利用者数 ターゲット年齢層 備考
Twitter 4,500万人 10代~40代前半 文章・写真・動画が使用できる
Facebook 2,600万人 30代以降 文章・写真・動画・コミュニティ形成
Instagram 3,300万人 20代~30代 写真・動画
LINE@ 8,400万人 10代~50代 メッセージ・クーポン配信

 

Instagram

ファッション系なら「Instagram」と「WEAR」が定番ですよね?
STORESは、InstagramとWEARの販売連携機能があるので、利用しない手はないですね。

 

販売連携機能は、商品にタグ付けしユーザーが商品をタップすれば、そのままショップの詳細ページに移動できます。
欲しいものを今すぐ購入できるという、ネットショッピングの利点をフルに生かした機能です。
魅力的な写真を掲載して、顧客の購入意欲を高めてくださいね。

 

フォロワーの増やし方ポイント

  • とにかく毎日更新する
  • ハッシュタグなどで、商品に興味がありそうな層を検索して、積極的に「いいね」をつける
  • インフルエンサーにシェアを依頼する(有料)

などですね。地道な作業ですが、「いいね」をつける作業は惜しまずに、1日の上限数までつけ続けてみてください。

 

Twitter

Twitterは時間がない時でも、手軽につぶやけるのが魅力。
潜在顧客だけでなく、リピーターへのフォローにも活用できます。
文章でアピールするポイントは、セールスライティングですね。コツは書籍でも勉強できますが、電車の中吊り広告や雑誌や新聞の見出しなどでも学べます。

 

 

常にアンテナを張っておくことが大切だね。


 

Facebook

Facebookは、コミュニティを作ることも可能ですし、ビジネスアカウントでショップのページを作ることもできます。
また、ショップ開設をできるようになったのも魅力です。
有料で広告をだすのも有効的。Facebook広告は、狙ったターゲットに出せて、広告費もお手頃なのでオススメです。
情報発信源は多いことに越したことはありません。
Facebookのビジネスアカウントやショップも利用してみてください。

 

LINE@

LINE@は、ユーザーも多く幅広い年齢層に人気です。
チャット機能を使って顧客の質問に答えたり、プレゼント企画を用意したりと使い勝手もいいですね。
LINEはこまめにチェックする人が多いので、注目を集める企画を演出することに力を入れてみてください。

 

無料ブログを使って繋がろう

ノートパソコンの画面

 

無料ブログは集客にもおすすめなのですが、無料ブログの中でもコミュニティ機能があるものを選ぶようにしてください。
おすすめは「アメブロ」です。

 

STORESのニュース機能を使ってブログを作成するのもいいですが、アメブロの強みはコミュニティがしっかりしているところです。
あなたのショップの宣伝色を強くするのではなく、仲間と繋がりを持つことを意識してフォロワーを増やしていくことがポイントです。

 

また、「note」も今SEO的に強いので、無料で使えるツールとしてはおすすめ。
文章がメインになりますので、商品に対するこだわりなどを丁寧に伝えるのにはいいですよ。
コンテンツを有料販売できるのも魅力の一つです。

 

無料ブログについては、こちらでご紹介しています。
海外在住者に向けての記事ですが、無料ブログの特徴などをまとめていますので、無料ブログ選びには使えると思いますよ。

 

 

ペラサイトを作ってみよう

無料で使えるサイト作成サービスで、ペラサイトと呼ばれる1ページ程度のサイトを作るのもおすすめです。
ペラサイトは、細かなターゲットを絞った戦略で利用してみましょう。

 

もし、あなたがコーヒー豆を販売していたとしましょうか。
無料ブログでは、コーヒー好きな主婦や、30代独身男性に向けて情報を発信していきます。(無料ブログは1ブログずつターゲットで作り分けてくださいね。)
ペラサイトは、カフェの店主に向けたサイトや、コーヒー検定の受験を狙っている人に向けた広告を作るイメージで作成します。

 

 

ターゲットを細かく分けた戦略が、集客のポイントです。


 

おすすめの無料でできる簡単サイト作成サービス:ペライチ

ペライチの「スタートプラン」を使えば、無料で1ページのサイトを作って公開することができます。

 

これをご覧いただくとお分かりかと思いますが、操作が超簡単なんですね。
サイトを作ったことが全くない!という方にも、簡単にサイトが作成できると思いますよ。

 

ページ数を増やしたい、ペライチでも商品販売をしたいという場合は、有料プランに変更できますので、とりあえず無料で利用してみてください。

 

 

SEOをできるだけ頑張ろう

SEOって、なんだか難しい気がしますよね?確かに難しいし、アルゴリズムによって検索順位が激変したりと、まぁ厄介なんですわ。
素人がここに手を出すと、泥沼にはまってしまうので、基本的な事だけをしっかりと実行していきましょう。

 

  • ユーザーに役に立つ情報を提供すること
  • 他のサイトなどからコピーした記事を作らないこと
  • キーワードはロングテールにする
  • 1ページの文字数はできれば4000文字程度を目指す

などですね。

 

ロングテールキーワードは、1つのキーワードを軸にした3つ以上の単語で構成されるキーワードのことです。
「コーヒー豆」が大きなキーワードですが、これだけではいくら頑張っても検索上位表示されるのは難しいですよね。
なので、「コーヒー豆」「○○産」「エスプレッソ用」「500円以下」みたいなキーワードをプラスして、ブログ記事のタイトルにしていきます。

 

 

タイトルにするだけでなく、記事タイトルに少々、本文にもキーワードを適度に盛り込んでくださいね。


 

STORESのニュース機能、無料ブログ、ペラサイトをフル活用してSEO対策してみてください。

 

 

有料でもいい!とにかく集客したい

街の広告

 

広告は大きく分けて2つです。

  • デジタル(オンライン)
  • アナログ(オフライン)

アナログは、雑誌に掲載したり、チラシやDMを配布するなど、シニア層をターゲットにしたものです。
また、ポップアップストアや展示会に参加するなど、顧客に生で商品を見てもらうチャンスを作るのもアリですね。
今回は、オンライン広告について、少しご紹介です。

 

オンライン広告ってどうよ?

オンラインは、ユーザーが検索した時に、パソコンやスマホの検索結果画面に表示されるリスティング広告、ユーザーがサイトを閲覧しているときに広告枠として表示される、ディスプレイ広告に分かれます。

 

あ、ちょっと分かりにくいですかね?
リスティング広告は、あなたがGoogle検索した時に、検索結果に上位1位から3位くらいまでに表示されているサイトです。
ディスプレイ広告は、このサイトにも表示されているんですけど、Googleアドセンスなどでサイトやブログ内にちょいちょい出てくる奴ですね。

 

 

なんとなく、わかった。


 

つまり、リスティング広告は購入意欲の高いユーザーに、もろにアプローチできる手段です。
一方ディスプレイ広告は、潜在ユーザーにアプローチする手法として用いられます。

 

リスティング広告は、GoogleとYahooが大きな媒体になります。
ディスプレイ広告は、GoogleやSNS、Youtubeなどがありますね。

 

これらの広告は、ユーザーのインプレッションやクリックなどによって費用が発生します。

 

どちらも、ある程度の資金が必要になりますので、しっかりとしたデータ分析ができてから利用することをおすすめします。

 

 

広告費用の上限は設定できます。


 

アフィリエイトプログラムに参加する

アフィリエイトは、アフィリエイトサービス事業者(ASP)に登録し、アフィリエイターやブロガーなどにサイトに商品の宣伝や販促をしてもらって、実際に販売につながった場合に報酬を支払うシステムです。

 

多くの場合が成功報酬型の広告なので、顧客がアフィリエイト用のリンクをクリックしてあなたのショップに行き、商品を購入した場合にのみ、ASPを通じてアフィリエイターに報酬を支払うことになります。

 

アフィリエイターやブロガーが、実際に商品を購入して自分のサイトでレビューを書くようなイメージですね。
アフィリエイターやブロガーは、SEOやSNSなどの知識に長けているので、宣伝効果は高いと思います。

 

また、気に入ったサイトやブログがあれば、彼らに広告掲載を直接交渉することも可能です。

 

 

うさぎもアフィリエイターの端くれじゃないの。


 

 

はい。ご用命があれば、よろしくお願い致します。


 

商品口コミを依頼してみる

口コミタイプライター

 

商品の口コミって大事ですよね?
でも、中々集まらないのも現状。

 

自作自演はバレますし、知人に頼んでも量は集まりません。
商品購入者にキャンペーン付きで口コミ依頼する方法もありますが、クラウドソーシングサービスを使って口コミを書いてもらうのもおすすめです。

 

また、ブログのネタが思いつかないときも、ライターさんに書いてもらえば楽チンです。
商品提供が難しい場合は、商品に対する印象などをアンケートするのもいいですね。

 

口コミや簡単なアンケートなら、文字数にもよりますが20円くらいからでも書いてもらえます。

 

 

うさぎ、ケチだな。もっと払えよ。


 

おすすめのクラウドソーシングサービスは、クラウドワークスBizseekなど。
登録は無料でできますので、公開されているアンケートなど案件を見て、内容を決めていくのもいいですよ。

 

おすすめのクラウドソーシングサービスはこちらでご紹介しています。
ワーカー目線でご紹介していますが、登録方法などは発注者も同じで簡単です。

 

 

独自ドメインで公式サイトを作成する

STORESの無料プランは、独自ドメインを使えないですよね?
独自ドメインのいいところは、ドメイン名とショップ名を同じにしたりして、ブランド化ができることですね。
顧客からしてみれば、わかりやすい。

 

フリープランの場合のショップURLは、https://任意の英数字.stores.jp/ なので、ショップ名と同じにできれば特に問題ないですね。
よっぽど詳しい人でない限り、ドメインのstores.jpを見て、STORESで作ったショップだ!とは思わない。

 

 

確かに、あんまり気にしてない。


 

ここでの「独自ドメインで公式サイトを作成する」と言う意味は、ネットショップ以外にオフィシャルサイトを作ってしまうということです。
オフィシャルサイトから、STORESのネットショップへリンクを貼って誘導するわけですね。

 

オフィシャルサイトの運営には、独自ドメインとレンタルサーバーが必要になります。
独自ドメインは、安いものだと1円とかで手に入るんですが、更新料も考えて.comや.netにしておくといいですよ。...shopドメインは、初年度が199円と安いのですが、更新料金が3,980円とお高めです。

 

レンタルサーバーは、月々500円以上のものなら安心して使用できます。
私が今現在利用しているレンタルサーバーで、初心者さんにも使いやすいものをご紹介しますね。
独自ドメインを無料で永遠に使えるキャンペーンがあるので、利用してください。

 

 

 

ちょっと待て。何個サイトを作ればいいのさ。これって、何の意味があるわけ?


 

 

単純に、露出する媒体を増やすというだけでなく、被リンク効果であなたのネットショップを強化する役割もあるんです。


 

SEO的には、被リンクは有効と言われています。
被リンクというのは、あなたのネットショップへ他のサイトなどからリンクを貼ることなのですが、サイトへ誘導して集客するだけでなく、ショップをSEO的に強くする効果もあるんですね。

 

ですので、

  • Stores.jpのニュース機能でブログ運営
  • 無料ブログからのリンク
  • ペラサイトからのリンク
  • 独自ドメインサイトからのリンク

で、ネットショップが検索上位に表示される確率が高まるというわけです。

 

SEO対策はオワコン、ブログ運営はオワコンなどと言われていますが、インターネットが終わることは考えにくいですよね?
現に、今あなたがこのサイトを見てくださっていると言うことは、検索して上位表示されていたのでクリックしてくださったわけで。

 

ただ、SEOは変化し続けています。こればかりに頼るのでは心もとない。
なので、SNSなどをプラスしてリピーターを増やすことが重要です。

 

ショップに集客するには仕事が山積み。
ですが、サイトやブログは資産になります。作っちゃえばこっちのもん!

 

あなたのブログを資産にする方法、ショップ運営など、ご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。

 

海外在住者のための在宅ワークメルマガご案内

 


トップへ戻る