海外からでもできるデータ入力でお小遣い稼ぎ

キーボードを打つ女性

日本でも、子育て中の主婦や会社員、学生の副業として「在宅ワーク」が人気がです。

 

いつでもどこでも、ちょっとした空いた時間にできるで、忙しい主婦でも、他の本業を持っている会社員でもバイトできてしまいます。

 

在宅ワークは、パソコンやネット環境さえあればどこでもできるので、海外在住者でもアルバイトできてしまうんですね。

 

でも、これと言ってパソコンの技術もないし、専門知識もないんだけど・・・

 

いえいえ。そんなことはないんです。
すでにパソコンを立ち上げて、このサイトをご覧になっていますよね?(スマホだとしても)

 

それだけで、ネットの世界では十分アルバイトできてしまうんです。

 

そんな、在宅ワーク未経験者が簡単に始められる仕事が、「データ入力」です。

 

 

経験やスキル不要!データ入力業務とは

データ入力とは、オンラインで送られてきたデータを文字や表に置き換える作業です。

 

  • 紙情報やPDF情報を、WordやExcelに入力しデータ化する
  • 録音された音声をWordやExcelに入力して文章データ化する
  • キーワードで調べた結果や該当する写真をネットで拾って、貼り付けるなど文字入力以外のデータ化作業

 

だいたい、この3種類の業務がデータ入力業務です。

 

具体的な例は、

 

  • 送られてきた紙面の住所録を、WordやExcelに打ち直す
  • 1時間ほどのインタビューを録音したものを聞いて、その内容を文字に直す
  • 指定キーワードを検索エンジンにかけて、10位までのサイトのタイトルとURLをコピー&ペーストする

 

みたいな感じですね。

 

例外も多いため一概には言えませんが、報酬単価は「音声>キーワード検索>文章(紙orPDF)」の順に高いことが多いです。

 

成果報酬型で、大体1文字0.1〜1円

 

ちょっと報酬が低めな気がします?
そうですね。慣れるまでは、思うように稼げないかもしれませんね。

 

このデータ入力業務、タイピングに慣れていて入力スピードが早い人なら、1万文字(1000円)を1時間以内で終わらせることができるという人もいます。

 

 

データ入力業務のメリット・デメリット

キーボードを打つ女性

 

海外在住者がデータ入力を在宅ワークにするメリットの1つは、時差を気にせず仕事ができるという点ですね。

 

大抵の場合、オンラインで送られてきた仕事を期日までに仕上げて送り返せばよいだけなので、日本時間に合わせて仕事をしなければならないわけではありません。

 

期日にさえ間に合えば、こちらの都合に合わせて好きな時間に仕事をすればいいんですね。

 

また案件もたくさんあるため、自分にできる範囲の量だけ受注することができるので、自由度の高さが何よりのメリットですね。

 

一方デメリットは、どれだけ時間がかかったとしても、納品した時点でやっと報酬が発生するということ。

 

働いた時間に関係なく単価通りにしか報酬をもらえないため、入力作業が遅い人は結果的に低時給、割の合わない仕事になってしまいます。

 

 

データ入力業務どんな人に向いている?

キーボードを打つ女性

 

タイピングが苦ではない人に尽きますね。

 

タイピングに自信がある人、またはタイピングを練習したい人にもオススメの仕事です。

 

とにかく在宅ワークを始めてみたい!今すぐバイトしてみたい!という場合にも、パソコンとネット環境さえあれば始められるのでオススメ。

 

クラウドソーシングサービスに登録して、案件を探すだけでバイトがスタートです!
クラウドソーシングサービスの登録は、無料でできるので、色々登録してみて案件を探してみるといいですよ。

 

 

クラウドソーシングサービスって何?という場合は、こちらを読んでみてください。
海外在住で在宅ワークを探すにはどうしたらいいの?


 


トップへ戻る