海外在住でもできる在宅ワークプログラマー、ウェブデザイナーとは

プログラムする女性

 

「ノマドワーカー」なんて言葉があるように、会社以外で仕事をする例も増えてきました。

 

カフェでノートパソコンを片手に仕事をするなんて光景も珍しくはありませんが、在宅ワークのプログラマーやウェブデザイナーでも同様のことができます。

 

自宅、出先などパソコンさえあれば仕事ができるのが魅力で、海外在住であっても問題ありません。

 

具体的な仕事内容ですが、よくあるのがウェブサイト制作、ショッピングサイト制作です。

 

ウェブエンジニアは慢性的な人手不足に陥っている場合が多く、個人でも十分に受注可能です。

 

他にはゲームも含めたスマートフォン向けのアプリ開発、システム維持管理などの企業向けのシステム開発など専門的なスキルが求められる仕事もあります。

 

 

プログラマー・ウェブデザイナーの仕事の探し方

パソコンに並ぶコード

 

このプログラマーやウェブデザイナーの魅力は報酬で、全体的に単価が高めに設定されているのが魅力です。

 

同じようにパソコンさえあればできる在宅ワークとしてはライターが挙げられますが、こちらは単価が低めのために開始した当初は、収入面ではさほど期待ができません。

 

しかし、専門的なスキルを活かせるプログラマーやウェブデザイナーなら、報酬の方にも期待できます。

 

海外在住でプログラム、ウェブデザインの分野のスキルを持っているなら、ぜひとも検討しておきたい在宅ワークです。

 

仕事を見つけるための方法としてまず挙げられるのは、「クラウドワークス」や「Bizseek」などのクラウドソーシングサービスで、登録すればプログラムなどに限らず様々な依頼が探せます。

 

その中から自分に向いている案件を探していく形なので、自分にのスキルに合った依頼を探す上で役立つサービスです。

 

もう1つ、フリーランス向けの案件を紹介している求人サイトに登録する手もあり、こちらの方がより高度なスキルを求められる傾向があります。

 

一方で、報酬面でもより期待ができるので、自分の持っているスキルにあわせてサービスを使い分けるのもポイントです。

 

私も、簡単なウェブサイト制作を手がけたことがありますが、シンプルな案件も中にはあるのでぜひチェックしてください。


トップへ戻る