海外在住者だって日本の電話番号が必要なのよ!そんな時利用したい無料のサービス

携帯電話

 

海外移住の際に、日本の携帯契約をそのまま継続して出国する人はかなり少ないと思います。
一時帰国が多く、期間が長めなら、格安SIMを利用し続ければいいのですが、中々そういうわけにもいきません。

 

通話だけなら、LINE電話やSkype、WhatsAppを利用すれば無料だし、何の制約もなく使えちゃいますよね。
でも、問題は日本の携帯番号が必要な場合や、SMS認証が必要な日本のサービスを利用する場合です。

 

日本の手続きでは、携帯番号(固定電話)の入力が必須だったり、SMS認証が必要だったりと、全く困ってしまいます。
特に最近増えてきているのはSMS認証。これは由々しき問題です。

 

また、海外在住でネットショップを運営したいとき、電話番号の登録は必要です。
特定商取引法および利用規約では、ショップ運営者自身の氏名等の記載や公開が必須なんですね。
特に、BASESTORESなど、無料でネットショップが開業できるサービスを利用する場合は、日本の電話番号が必要です。

 

実家などの番号を使っている方も多いかと思いますが、公開するのに躊躇されている方も多いのではないでしょうか?

 

 

実際に、私はネットショップでIP電話(日本の電話番号)を利用していますよ。


 

 

着信にしか使わない場合は、留守電機能あるといいな。


 

と言うことで、今回は海外在住者のお悩み、日本の電話番号が欲しい!SMS認証をどうにかクリアしたい!を一緒に解決していこうと思います。

 

 

海外からネットを利用したIP電話を使おう

まずは、IP電話とは何か?
IP電話は、インターネットを使って電話をすることができるサービス全般を指します。
例えば、今私たちが利用しているLINEやSkypeなども、これですね。
でも、これらには電話番号がありません。
なので、固定電話や携帯に直接電話をかけることができません。
アプリをインストールして、繋がっている者同士が利用できるサービスですね。

 

もう一つのサービスとして、電話番号を取得できるIP電話サービスがあります。
これも、アプリを使ったものなのですが、LINE電話のようにアプリをインストールすれば使えるものではなく、契約が必要になります。

 

 

契約が必要だとしても、便利だよね。


 

 

確かに便利なのですが、やはりデメリットもあるんです。


 

IP電話のメリットとデメリット

IP電話のメリット

  • 電話回線を使ったものより、値段が安い。もしくは無料で利用できる。
  • インターネット回線を利用しているので、簡単に世界中で利用できる。
  • 日本にいるのと同じ条件で海外でも電話できる。

IP電話のデメリット

  • IP電話に対応していない電話番号がある。
  • 若干通話品質が劣る。

 

インターネットさえあれば、世界中どこでも通話可能なのがIP電話のメリットです。
同じアプリをインストールしている人同士だと、無料で使えますしね。

 

一方デメリットとしては、緊急電話がかけられない。0120で始まる番号にかけられない場合もある。
また、通話品質はインターネット環境によるので、ネット回線がただでさえ不安定な海外では、通話中に切れてしまったり、声が届かないこともありますよね。

 

日本の電話番号が基本無料で使えるIP電話サービス

IP電話サービスで、基本無料で使える有名どころ2つをご紹介しますね。
まずは、無料で何ができるのか確認してみてください。

 

ご紹介するのはこの二つ

では、両社のサービスを比較していきましょう。

 

サービス比較

SMARTalk My050
通話料金 固定 国によって異なる
日本への通話料金 固定:8円/30秒 携帯:8円/30秒 固定:8.79円/3分 携帯:19.8円/1分
留守電の有無 あり なし
0120発着信 発信不可 可能
支払い方式 後払い 前払い
備考 1年間請求がないと解約される可能性がある 番号取得後1年間が有効期限

 

 

通話面から言えばMy050だけどなぁ。


 

SMARTalkとMy050どっちがおすすめ?

SMARTalkは、初期費用・月額料金・留守番電話・非通知・指定番号の着信拒否、全て無料です。
SMARTalk同士の通話も無料。
世界32カ国・地域に国際電話が可能です。(対象国はこちら

 

だがしかし、2020年10月8日より「SMARTalk」の新規申し込みの受付は、無期限で停止されています。

 

 

ダメじゃん!!


 

 

はい。と言うことでMy050。


 

無料IP電話でSMS認証は可能なのか?

今回ご紹介したIP電話サービスでは、SMS認証はできません。

 

では、IP電話ではSMS認証が不可能なのか?と言えば、そうでもないんですね。
「textPlus」は、無料でアメリカの電話番号を取得でき、SMSが利用可能なIP電話アプリです。
同様に「Dingtone」は、アメリカ、カナダ、イギリスの電話番号を取得できSMSもOKです。

 

が、これはあくまでも日本国外のアプリなんですね。なので、日本の電話番号が必要なSMS認証には対応できません。
日本のWEBサービスの中には日本の電話番号が求められるケースも多いのが事実ですよね?
ここが問題。

 

 

もう、諦めようか・・・


 

 

ここからは苦肉の策です。


 

データ専用SIMにSMS機能を付けよう!

IP電話だけでは、SMS認証が無理。ならば、格安SIMのSMS機能付きと契約する方法はいかがでしょうか?

 

 

やっぱりSIMいるんだ・・・


 

例えば、b-mobileの190PadSIMなら、ドコモ版のSMS付きSIMに限りSMSのみ海外で利用できます。
調べた中では、価格も最安値。100MBまでの使用なら、月額320円です。(初期手数料3,000円)

 

他にも海外でSMS利用できる格安SIMもありますので、予算に応じて検討してみてください。

 

 

ちなみに、私はLINEモバイルを使ってましたよ。


 

本当にSMS認証が必要なサービスが多くなりましたよね。
日本のキャリアのメールが必要なサービスもあったり・・・
海外在住していると不便も多いのですが、何とか乗り切ってまいりましょう!

 


トップへ戻る