コロナウイルスの影響で自宅待機!経済的な不安をなくすため副業を始めてみたら?

PCを扱う女性

 

コロナウイルスの影響で、自宅待機を強いられている海外在住者の方も多い中、仕事が減り経済的に不安を抱えているのではないでしょうか?

 

休業補償はあるのか?ない場合はどうしたら?
世界恐慌へ進む可能性がある現在、今後の仕事が継続してあるかどうかもわかりません。

 

そんな中、海外在住者は何ができるのか?
自宅待機中に始められる副業、今後の経済不況に備え始めておきたい在宅ワークをご紹介します。
今からすぐに始められる、将来への不安をなくす働き方のアイディアです。

 

海外在住者がしている副業はどんなものがある?

海外在住者が現在行っている副業についてアンケートを取ってみました。
コロナウイルスの影響下で、自宅でできるアルバイトや副業を選択している人のリアルな口コミです。

 

海外在住者ができるアルバイト:ライティング

ライティングを行う

 

カナダ在住の50代女性です。現地企業で働いていますが、コロナウイルスの影響で在宅副業を始めました。


在宅でライティングをしています。本業は別にあるので、副業です。PC環境、インターネット環境がありますので、ライティング、リサーチ等は問題なしです。
ライティングはアンケートに答えたり、案件も自分で書けそうなものを選び書いています。
仕事に関する専門的なライティングもたまに行えるようになりました。
また、海外在住を活かした案件もあるので、チャレンジしていこうと思っています。

 

 

フランスのパリに在住の40代男性です。現在は求職中で在宅のアルバイトをしています。


現在はクラウドソーシングサービスに登録して在宅でアルバイトしながら、毎日時間の隙間を見つけて小さな仕事を探しています。

 

特に何か特別なスキルがあるわけではないので、仕事は簡単な事に限られています。アンケートに答える事、ミュージシャン、アーティストのレビューを書く事などです。
今、私の住んでいる町では外出が制限されていて沢山の人達が家に居ることを義務付けられています。朝外に出てみると沢山の人がジョギングをしていて、普段はこの時間に仕事に行っている人達なんだろうなと思っています。

 

もし、その大勢の人達がコロナの影響で仕事がない、仕事に行けないとしたら在宅ワークははとてもいいことだと思います。
リモートワークが出来ない職種も沢山あると思います。レストラン、バー、ライブパフォーマーなど人と接する仕事をしている人達です。そのような人には私のしている在宅アルバイトが、何もすることのない退屈な時間に何かを与えてくれます。

 

 

カナダのトロントで研究室で働いている40代女性です。


普段は研究室で、研究に必要なデータを収集し、まとめ、論文執筆をしたり、同僚のデータ収集を手伝ったりしています。
コロナ感染が広がって在宅ワークの指示が出てからも、ほぼ同じ内容の仕事を在宅でしています。

 

PCさえあれば仕事の大半をこなせる為、どうしても職場に行かなければできないという内容ではありません。また平日の夜間、空いた時間を利用してクラウドソーシングサービスでの仕事を毎日1時間ほど行っております。
仕事内容は、主にライティングを行っています。専門的な知識を利用して、翻訳作業もたまに行っています。

 

海外在住でライティングの仕事をするには?

ライティングのアルバイトを在宅で始める場合は、クラウドソーシングサービスに登録するところから始めます。
詳しいライティングの仕事内容や、どこに登録すれば仕事が始められるかは、こちらを参考にされてください。

 

 

海外在住者の副業:ブログ運営

パソコンとカメラ

 

インドネシア在住で日系企業に勤めている30代男性です。副業でブログをしています。


クラウドソーシングサービスでのアルバイトは、ライターとしてインドネシア、特にジャカルタについて書いております。

 

自身のブログも運営しており、写真などを用いて、生活や移住者に役立ちそうな情報(送金やレストラン情報など)を自身で運用するブログに記載し、アドセンスによる収益を得ています。
アフィリエイトはやっていないのですが、今後検討もしています。

 

記事の内容は、現地にいるならではの湿度や温度感を伝えられればと考えておりますが、もっとジャカルタに興味を持ってくれる人が増えてくれるような想いもあります。
インドネシアと言うと、バリ島の方が有名ですが、首都であるジャカルタについても日本人にアピールできればいいと考えております。そして、まだまだこれから経済的な成長を続ける国だと思うので、今後この国に来る人にとっても参考となれば嬉しいです。

 

 

ドイツのミュンヘンに在住、日系企業で働いている40代女性です。


仕事の傍ら、ブログを書いて収入を得ています。
ブログの内容は海外旅行に関するお役立ち情報や、ミュンヘンの情報などがメインです。
最初はブログで収入を得ることができるとは思いませんでしたが、毎日コツコツ続けながら情報を得て、最近やっと収入を得られるようになりました。

 

クラウドソーシングサービスにも登録していて、空いた時間でアンケートに答えたり、ライティングの仕事をしています。
コロナウイルスの影響でリモートワークをしておりますが、時短勤務が強いられており減給が必至です。そのような中で副業があるということは、心強くもあり家計の足しにもなるので助かっています。

 

海外在住者がブログを副業にして稼ぐには?

ブログで稼ごうと思ったら、ある程度の知識が必要です。
ノープラン、知識ゼロで始めても、稼げるようになるのにはかなりの時間が必要ですし、適当に始めても収入を得ることはできません。
色々なサイトやSNSで、ブログで〇〇万円稼いだ!というようなツリ記事がありますが、初心者が最短で稼げるようになるにはブログ設計、計画性、実行力が必要。

 

そんなに甘い世界ではないのですが、稼げるようになるとその面白さがどんどん増していきます。
仕事をしていない間でも、ブログからの収入がある。自動で自分の代わりに働いてくれるのがブログ。
コロナの影響で自宅待機しているなら、今すぐにでも始めてください。早く始めた方が、その分早く稼げる可能性が高くなりますよ。

 

海外在住者がブログで稼ぐ詳しい方法はこちら:
海外在住者がブログやアフィリエイトで稼ぐ方法

 

海外在住者ができる副業:ウェブ作成

プログラミング

 

アメリカ在住の40代男性です。日系企業の旅行会社で働いていますが、仕事が減り現在失業保険を申請しています。


在宅ワークで副業として、ワードプレスによるホームページ作成などをしています。
自宅待機中は、有給休暇がないと給料が支払われないため、生活が困難になっています。
副業を始めて、自宅待機中でも仕事がある環境を作るのは今から必須だと考えています。

 

海外在住者がウェブ作成を副業にするには?

ウェブ作成は、以前はコーディングなど専門の知識が必要でしたが、ワードプレスの登場によって専門的な勉強をしていなくてもできる副業になっています。
ご自分のブログをワードプレスで作成されたことがあるなら、ウェブ作成を副業にするハードルはぐんと低くなります。

 

現在ではオンラインでウェブ作成の技術を取得することができますし、ライティングなどよりも単価が高い副業になりますので、空いた時間を利用して勉強してみるのもオススメです。

 

ウェブ作成の仕事を得るためには、クラウドソーシングサービスに登録することが手っ取り早い方法です。
詳しくは、こちらを参照してください。

 

海外在住者ができる在宅アルバイト:文字起こし

字を書く女性

 

中国在住の30代女性です。主人の海外勤務についてきました。


私は専業主婦で主人の海外出張についてきた関係で海外にいますので、在宅ワークのみの仕事になります。
コロナウイルスの影響で、主人の仕事の状況もだいぶ変わり、在宅でリモートワークしていますが、仕事は減っている状況です。

 

私が今主に行っている在宅ワークは文字起こしです。たまに中国語の翻訳や通訳もしています。
文字起こしはまだ初めて数カ月ですが、すでに数十件担当させていただきました。まだまだ勉強中ですが、以前事務関係の仕事をしていたこともありますので、とても向いている気がします。
ただ、学校に行ったり、専門の文字起こしの会社に勤めていないので、本当に自分で勉強するしかなく、そこは少し助けがほしい気もします。

 

海外在住者が文字起こしを副業にするには?

海外在住者が文字起こしの仕事を見つけるには、クラウドソーシングサービスに登録して案件を探します。
文字起こしのほかにも、データ入力作業などパソコンを扱えてタイピングが苦ではなければできる副業もありますので、クラウドソーシングサービスで案件を一度確認されることをオススメします。

 

文字起こしは耳も酷使する仕事ですので、アンケートに答える、ライティングするなど、他の案件を合間に入れながら作業して気分転換をしてみるのもいいですね。

 

詳しくは、こちらで文字起こしがあるクラウドソーシングサービスをご紹介しています。

 

海外在住者の副業:翻訳

翻訳する女性

 

中国蘇州に在住在住しています。去年退職し、フリーで講師と翻訳をやっています。


コロナウイルスの影響で、ここ1か月はビデオ通話で語学を教えながら、翻訳社から来る翻訳の仕事と、ランサーズでのアンケートや記事に取り組んでいます。

 

退職前は、語学教室で日本語と韓国語を教えいました。そのかたわら、翻訳の仕事も行っていました。
北京のある翻訳会社に翻訳者登録しており、そこから仕事をもらっていました。退職後は、その語学教室で残りの授業をアルバイトとしてする以外は、基本的にオフィス(と言っても私1人だけです)で日本人子女を教え、翻訳もやっていました。

 

翻訳会社から来る仕事は3月以降減ったので、ランサーズに登録し、アンケートに答えたり記事を書いたりしています。翻訳の仕事も引き受けたいですが競争率が高すぎてとてもゲットできません。
なので、翻訳専門のクラウドソーシングサービスに登録しようと思っています。

 

 

アメリカで日系企業に勤めている30代男性です。


アメリカに住み、現地の日経企業に勤めながら、空いた時間で翻訳の仕事を在宅ワークとしてやっています。
現地の給料でも十分なのですが、アメリカは物価も高いため、出来る限り収入を増やしたくて、やっています。

 

翻訳の仕事は文字数に応じてのものなどが多いのですが、割と単価が高いため、おすすめです。
日本人で英語が話せる人であれば、日本語のニュアンスなどもうまく伝えることができるので、やりがいを感じると思います。
また、単純に翻訳という仕事が面白いので長く続けられています。

 

ただ、依頼された内容によって、専門知識がなかったり、伝え方がうまくいかない場合、先方と何度もやりとりをしなければならず、その時は少しストレスを感じることがあります。
それでも、家にいながら、好きな時間に働けるこの翻訳という在宅ワークはとても自分に合っていると思っています。

 

海外在住者が翻訳を副業にする方法

海外在住者の利点は、語学に堪能なこと。翻訳は単価も高く、海外在住者の副業の中でも人気です。
しかし、問題は仕事が取りにくいということです。
クラウドソーシングサービスにも翻訳の案件はあるのですが、人気のため仕事獲得競争が激しく、思うように仕事をゲットできないのが現状です。
翻訳の難易度が比較的低いというのも、競争が激しい理由の一つです。
また、英語の翻訳が多く、そのほかの言語に精通していても、中々仕事を見つけることができません。

 

そんな場合は、翻訳専門のクラウドソーシングサービスに登録しておくのをオススメします。
仕事をしながらスキルアップができるので、副業としてでなく将来的には本職にできる可能性もありますよ。

 

海外在住者が翻訳の仕事を見つけるには、こちらを参考にされてください。

 

日本円を稼いだ場合、海外に送金するお得な方法はこちらでもご紹介しています。
海外在住者の副業って何がオススメ?海外歴10年で稼いだ内容を公開

 


トップへ戻る