そもそも海外在住者が日本でバイトってできるの?バイト探しはどうしたら?

飲食店アルバイトの女性

 

海外在住者が一時帰国した時に、日本でアルバイトをすることは可能です。
その場合、住民票を日本に戻して居住者になるか、非居住者のままバイトをするかによって税金の扱いが違ってくるんですね。

 

 

え?その話、長くなる?


 

 

多少面倒なので、では後程。


 

難しい話はさておき、一時帰国中にできる短期バイト、日雇いバイト、数時間だけでも可能なアルバイトの探し方をまずはご紹介します。
海外からでも日本のバイトを探せますので、帰国後すぐに仕事開始!という具合に、短い帰国期間を有効に使えちゃいます。

 

さぁ、のんびりしている暇はありません。
サクッとバイトを探して、段取っちゃってください。

 

 

一時帰国におすすめなリゾートバイトはどうでしょう?

温泉観光地

 

リゾートバイトは、日本の温泉旅館やスキー場、マリンリゾートなどの観光地で食事つき、住み込みでアルバイトできるのが魅力です。

 

 

おー。バイトしながら日本でも観光できちゃうぞ。


 

リゾート地でホテル代や食費がかからず、お給料もいいのがメリットですね。
短期バイトでもガッツリ稼げちゃう。さらに、働きながら趣味やスポーツが満喫できちゃう。

 

さらにさらに、観光地での仕事なので、海外在住者の武器である語学力も活かせる仕事です。

 

 

1か月以内の短期バイトもアリですよ。


 

リゾートバイトの探し方は、リゾバ専門の求人サイトに登録するのが早道です。
海外在住時でも登録は可能で、会員登録費は無料です。
一時帰国の日程が決まれば、アルバイト先を紹介してもらうことも可能ですし、自分でバイト先を検索することもできますよ。

 

登録必須!リゾートバイト求人サイト

リゾバ求人サイトは会員登録すると、基本的に希望の勤務地や希望職種、バイトしたい期間などの要望に合わせた求人を紹介してくれます。
紹介された内容が自分に合わない場合はキャンセルすることも可能ですし、サイト内を検索して自分に合ったバイト先を見つけることもできます。

 

登録無料・紹介料無料で利用できちゃいます。シーズンによって求人は変わってくるので、一時帰国の予定があるなら登録して様子を見ておくといいですね。

 

では、おすすめの求人サイトをご紹介します。

 

アルファリゾート:海外からの留学生やワーキングホリデー中の登録者も多い

アルファリゾート

 

アルファリゾートは、北海道から沖縄まで全国のリゾートバイトを紹介してくれる求人サイトです。
職種は、フロント・仲居・調理・レストランホール・売店・宿泊予約・事務・売店・清掃スタッフ・レジャー関連・マリンスポーツ関連・スキー場など多彩。

 

仲居さんの仕事は、初心者でも時給1,100円が保証されていますので、リゾバ初挑戦でも高収入が期待できます。

 

 

毎日温泉入れるな。


 

海外からの留学生やワーキングホリデー中の登録スタッフも多く、気が合う仲間が探せたり、情報交換の場になることも。
語学を活かせること、間違いなしですね。

 

登録の方法は簡単、新規登録エントリーフォームに必要事項を入力して送信。後日、担当者から電話かメールで連絡があり、本登録になります。
本登録後、仕事の紹介または検索して仕事を見つけ、バイト開始です!

 

 

日本の地元でバイトを探すのにおすすめなアプリ

バイト探しアプリを使えば簡単に日本のバイトを探せ、一時帰国後好きなタイミングで即仕事に入ることができます。
1日単位での超短期バイトを探せるので、帰国期間が短くてもサクッとバイト可能
もちろん、アプリのダウンロードは無料です。

 

シェアフル:履歴書不要・面接なしでアルバイト

シェアフル

 

シェアフルは、1日単位のスキマ時間で働けるアルバイト探しアプリです。
海外在住者に嬉しいのは、履歴書不要・面接なしで、アルバイト求人にアプリで応募できることです。
応募結果は3日以内に必ずわかるので、採用されればバイト先に行くだけです。

 

平均時給1,200円以上で短期・単発・日払いOKなバイトも多く、効率的に稼ぐことができますよ。

 

バイトの職種は、オフィスワーク・データ入力・配送・販売・イベントスタッフ・試験監督・工場・梱包・清掃・飲食店など豊富です。

 

アプリインストールでバイトを検索できます。
求人の応募には本人確認書類、メールアドレス、口座番号が必要になります。

 

 

まずはアプリをインストールして、地元でバイトが見つかるか検索してみてくださいね。


 

 

最速でバイトが見つかるサイトで探せ!

バイト求人サイトは、条件のいい求人を見つけたら即応募ができるのが魅力です。
気になる求人をキープしておき、色々比較できるのも特徴です。
バイトの検索、会員登録、求人応募も無料で利用できます。

 

日払いOKの短期バイトも多数掲載されていますので、一時帰国が決まったら検索してみてくださいね。

 

マッハバイト:採用されたらマッハボーナス最大1万円!最低でも5,000円

マッハバイト

 

マッハバイトは、全国のアルバイト求人情報を、常時150,000件以上掲載。
バイト採用から最短で1日で貰える 「マッハボーナス」が魅力です。

 

マッハボーナスは、バイトに採用されると最大1万円がもらえる、マッハバイト独自のサービスで、必ずどのバイトでももらえます。

 

 

え?バイトが決まっただけでボーナス貰えるわけ?


 

 

はい。もれなく、どのバイトでももらえます。


 

仕事の探し方は簡単。まずはマッハバイトに会員登録して、条件に合ったバイト先を検索。
今すぐ仕事に応募したい場合は、「すぐ応募する」ボタンをクリックして、必要事項を入力するだけです。

 

応募が完了すると、24時間以内(通常、数分)にマッハバイトから確認メールが送られてきます。
その後は、通常1週間以内に応募先から連絡がありますので、対応してくださいね。

 

複数のバイトにも応募できますが、面接などが重ならないようにうまく調整してください。

 

 

ギガバイト:大手求人サイトと連携で豊富な求人情報

ギガバイト

 

ギガバイトは大手求人サイトと連携しているので、全国の豊富な求人情報が満載です。
短期、単発バイトだけでなく、スマホで3分で稼げるモニターバイトもあり。

 

条件に合ったバイトに即応募できるのはもちろん、気に入ったバイトが複数あった場合でも一括で応募することが可能です。

 

ギガバイトにもバイトに採用されると、対象者全員が最大で15万円のお祝金を貰える求人があります。
マッハバイトは、運営からボーナスが支給されるのですが、ギガバイトは採用元からボーナスが支給されます。
短期バイト、単発バイトで高額なボーナスは期待薄ですが、探してみるのもおすすめですよ。

 

留学生やワーキングホリデー中の語学を活かせる家庭教師のバイトや、リゾートバイトの掲載も多数です。

 

 

海外在住中にバイトを探すのに必要なもの

携帯電話を扱う女性

 

リゾートバイト求人サイトは、海外在住者でも登録可能なのですが、一般的なバイト求人サイトは携帯電話の登録が必須です。
海外の電話番号を使えない場合も多いので、日本の携帯番号をゲットしておくと便利です。

 

 

採用元からの連絡は、メールや電話で行われますので、会員サイトへの登録は日本の携帯番号があった方がいいですね。


 

 

LINE電話は番号がないんで、登録できないよね。


 

日本の電話番号(050)を、基本料無料で取得できるIP電話サービスを使えば、日本からの電話を日本にいるのと同じ条件で海外でも受けられます。

 

代表的なものだと、こちらの2社。

本気でバイトを探す前に、手に入れておいてください。

 

海外移住後も続けられる在宅ワークもおすすめ

  • 日本でバイトを探したいけど、期間的に難しい
  • 手続きとか面倒そう
  • 一時帰国中だけでなく、在住国でも日本のバイトを続けたい

とお考えなら、海外在住者でもできる在宅ワークがおすすめです。

 

在宅ワークと一口で言っても、本当に職種は様々です。
全くスキルなしに始められる仕事もあれば、スキルや経験を活かした仕事、海外在住の利点を活かした仕事など、あなたに合った好きな仕事を見つけることができますよ。

 

 

私はこっち派です。


 

このサイトでは、海外在住者でも登録できる求人サイトや、クラウドソーシングサービス、無料でできるネットショップの開業方法、海外で財テク、日本の企業で働く方法、ブログで稼ぐ方法、海外フリーランスのススメなど、あらゆるジャンルの副業、バイト、在宅ワークをご紹介しております。

 

 

あらゆるジャンルは言い過ぎかもね。


 

トップページから、気になるジャンルを選択して、覗いてみてくださいね。
お役に立てるヒントが満載だと思います?ので、在宅ワークも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

一時帰国中バイトをするときの注意点

では、最後にちょっと面倒な、一時帰国中のバイトに関する注意です。
留学やワーキングホリデーで、住民票を残したまま一時帰国する場合と、完璧に海外在住している場合とでは税金などが変わってきます。
海外在住者でマイナンバーを持っていない場合もありますよね?
そんな場合にはどうしたら・・・

 

税金はどうなるの?

まずは、住民票をそのままにして海外留学やワーキングホリデー、海外赴任している場合は、日本の居住者になりますよね?
その場合、所得税は年間で103万円までの所得に対しては免除されるんですね。

 

なので、一時帰国中にアルバイトをして103万円を超えた場合のみ、所得税の支払いが必要になります。
まぁ、ちょっと考えにくい額ではありますが、年間に2、3度一時帰国をしてバイトすれば可能性は無きにしも非ずですな。

 

バイトでの税金は源泉徴収だと思うのですが、所得が年間103万円以下で還付を受けるには確定申告が必要です。
確定申告は、ネットを使って申告できるので、必要な場合はしっかり申告してください。

 

住民票を抜いて海外在住している場合は、一時帰国をして住民票を戻さない限りは非居住者です。
非居住者の場合は、20.24%の税金が源泉徴収されます。
確定申告の必要はなく、20.24%の納税で終了。

 

一つ気を付けたいポイントは、在住国と日本がどんな租税条約を結んでいるかです。
国によっては、国外で得たお給料にも納税義務がある場合があるんですね。

 

これは一時帰国前にしっかりと確認しておいてください。
もしかしたら、バイトしなかった方が良かったかも・・・という結果になるかもしれません。

 

マイナンバーは必要?

海外在住者なら、マイナンバーを持っていない場合もありますよね。
最近では、金融機関や海外送金時など、あらゆるところでマイナンバーがないと超不便な思いをしていますよね?

 

でも、日本国内でアルバイトをするのに、絶対にマイナンバーが必要というわけではありません。
実際に、提出拒否できるんですね。プライバシーを守るために、拒否している人も多いのだとか。
マイナンバーを提出しなくても、所得は把握されますのでご安心?ください。

 


トップへ戻る