海外在住でもできる在宅ワーク写真販売の仕事

一眼レフカメラ

 

あなたの撮った写真が、ネットで売れるかもしれません。

 

 

売れるかも・・・って。


 

写真販売の在宅ワークは、写真販売サイトに写真を登録、購入された場合売り上げが発生します。
スマートフォンさえあれば簡単に写真を撮影できる、そんな便利な世の中。
プロのカメラマンだけでなく、多くのアマチュアカメラマンが写真を販売しています。

 

写真販売の在宅ワークは、撮影した写真を写真販売のサイトやアプリを使ってアップロードし、誰かが購入すればお金が入ってくる仕組みです。
価格の何パーセントが手元に入ってくるかはサービスによって異なるので、どのサービスを利用するかを比較検討する時には、必ず報酬率をチェックしてくださいね。

 

 

写真販売在宅ワークのメリットとデメリット

一眼レフカメラとパソコン

 

一眼レフなど、プロ使用のカメラを持っていなくても、スマホだけでも参入できる在宅ワークです。
何気なく撮った写真を掲載しておくだけでもいいので、写真好きな人や日常的にシャッターを押す習慣がある人にはオススメです。

 

 

需要がありそうな写真を探すことができれば、お小遣い稼ぎになりますよ。


 

しかし、写真撮影の難点は競争が激しい点で、手軽にできる分だけ多くの人が参入しており、その中で自分の撮影した写真を購入してもらうのはなかなか大変です。

 

売れない原因は一概には言えませんが、人気の写真と似ている場合は売れ行きがあまり期待できません。
似た被写体、似た構図の場合は先発の写真の方が強いので、どのように独自の個性を出すかがポイントですね。

 

在宅ワークは働けば一定の収入が保証されているものと、完全な歩合制で収入が安定しないものに分けられますが、写真販売は後者で安定性がないため、本格的に稼ぐためには地道によい写真を撮影していくしかないですね。

 

 

その土地ならではの写真でアピール

カメラマンと山

 

写真販売の魅力は、日本そして海外在住を問わずに利用できる点ですが、海外在住だと珍しい写真を撮影するチャンスが期待できますよね。

 

海外でも有名観光地の写真はすでに飽和状態にありますが、ライバルが少ない観光地もあります。
住んでいる地域によっては、ライバルが少ない写真を撮影するのは大変な場合もあるものの、どのような写真が求められているかを意識すれば売上にも期待が持てます。

 

本格的に稼ぐなら写真の勉強が欠かせませんが、写真が好きだったら始めてみたい在宅ワークですね。

 

写真の腕試しに、ちょっとしたバイト感覚で始めてみませんか?


トップへ戻る