ウェブライターの価格の相場って一般的にどのくらい?

ノートとペン

 

ウェブライターの仕事は、スキマ時間にできて経験も資格もなくてもできる、人気の在宅ワークですよね。

 

どこにいても、納期さえ守ればいつでもできちゃうので、海外在住者の間でもウェブライターを仕事にしている人が多いんです。

 

馴染みのある日本語で書けるし、自分の経験を活かして得意分野の記事を書くこともできます。

 

つい先日も、私のブログ宛てにとあるキュレーションサイトから連絡が来ました。
「いつも楽しくブログを拝見させていただいています。2000文字2500円の報酬で、あなたのブログのような記事を書いていただけませんか?」と。

 

ブログを運営していると、そんなオファーも届くようになるんですね。

 

面白くないキュレーションサイトで、ライター名もライターの紹介もなく、自分のブログリンクも貼れないようなサイトだったので、お断りしましたけどね(笑)
私のブログを読んでいるような雰囲気も感じませんでしたし・・・

 

今回は、何も経験がなくライターを目指す人の最初の報酬、スキルを身に付けたり経験を活かす記事が書けたりするようになったときの報酬がどのくらいなのか、ウェブライターの価格相場を見ていきましょう。

 

 

ウェブライターの相場って1文字1円が妥当なの?

パソコンに向かって書く人

ツイッターなどのSNSでは、ウェブライターの相場が「1文字1円」では安いという意見が飛び交っています。
では、実際はどうなのか、クラウドソーシングサービスでのライター募集金額の相場を見ていきましょう。

 

 

初心者ライターにも案件が豊富:サグーワークス

サグーワークス

 

「サグーワークス」は、ライティング案件に特化したクラウドソーシングサービスです。

 

サグーワークスを利用し始めた初心者、ライターの仕事が初めての初心者の報酬は、1文字0.3~0.5円が相場です。

 

サグーワークスには、「プラチナライター」という制度があって、それに合格するとその報酬はグーンとアップして1文字1円~1.7円程度となります。
プラチナライターになるには、サグーワークスが独自に提案する試験に合格する必要があります。

 

ライターの仕事を始めたばかりの初心者が合格するには、ちょっと難しいかもしれません。
ライターの仕事のコツをつかめば、プラチナライターに合格するのもそれほど困難ではないですよ。

 

まずは、ライターの仕事の練習!と思うなら、レギュラー報酬0.3~0.5円で軽く修行を積んでみるのも悪くないと思います。
ウェブライターって何?というレベルを卒業したら、このレギュラー報酬ではちょっと安めですよね(笑)

 

でも、案件は豊富なので仕事がない!ということはありません。
数をこなして、スキルアップするには最適なクラウドソーシングサービスですよ。

 

【サグーワークス】でライターの仕事を探してみる

 

 

もちろん、ライタースキルがある人は最初からプラチナライターを狙ってみるのもオススメです!!
Webライターで30万稼ぐならサグーワークスのプラチナライター

 

 

日本最大級のクラウドソーシングサービス:クラウドワークス

クラウドワークス

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

まずライティング案件では、文字単価0.1円~2円ほどが相場です。もちろん翻訳や医学記事といった専門的なものであれば、より高額な価格帯となります。

引用:クラウドワークス「お仕事別!クラウドソーシングの相場について」

 

これは、クラウドワークスからの引用なんですが、ライター報酬の目安が0.1~2円になっていますね。

 

では実際にクラウドワークスで募集されている案件の価格相場はどうなっているでしょう?
調べてみると、なんと1文字あたりの単価が0.1円以下という案件もありました・・・

 

もちろん、1文字1円以上の案件もありますが、初心者が手を出しづらい専門的な案件が多いです。

 

クラウドワークスによると、クライアントが案件の価格帯を決定するのには、

  1. クリエイター(ライター)の能力
  2. 締め切りまでの時間
  3. 制作の分量

 

この3つだとされています。クオリティの高い人材を起用したい場合は、相場よりも少し高い価格を設定する必要があるんですね。

 

案件を見るときは、1文字あたりの単価の確認を忘れないようにしてくださいね。

 

【クラウドワークス】でライティングの仕事を探してみる

 

日本初クラウドソーシングサービスの老舗:ランサーズ

ランサーズでのライティングの案件は豊富。

 

ランサーズが目安としているブログ記事や体験談、記事作成のウェブライターの価格相場は、1記事5000円~となっています。

 

その他にもリライト・校正・編集が1記事10,000円~、ネーミング・名前募集などコピーライターの仕事が15,000~、シナリオ作成・脚本制作・小説作成が1話16,000円~など、様々な分野のライター案件がそろっています。

 

ランサーズのライター案件には、数記事をまとめて依頼するようなプロジェクト系の案件もあります。その時は、1記事当たりの単価、文字数に対する価格もチェックする必要がありますね。

 

しかし、ランサーズが目安にしている1記事5,000円以上の案件は、意外と少ないんですよね。

 

ランサーズは、クライアントと直接やり取りしながら案件を遂行していくのですが、クライアントが記事を気に入れば、直接記事依頼をしてきます。

 

それが、スキルアップや単価アップできるチャンスなんですね。

 

ランサーズでライターの仕事を見つけてみる

 

 

ウェブライター初心がスキルアップする手順

多くのクラウドソーシングサービスが募集している案件は、1記事500円以下のもの。1記事1円以下が相場の案件ですね。
この価格帯の案件は、文章力はさほど必要ありません。

 

記事と言っても、あなたの名前がライターとして掲載されることはなく、何のサイトにどうやって使われているかなど、知ることはできません。

 

数をこなして稼ぐ!のが初心者ライターができる報酬アップのポイントです。
ライターの仕事に慣れるまで、とにかく数をこなしていきましょう。

 

 

1記事1,000円になると、キュレーションサイトの記事作成の初級レベルです。
記事の構成などを考えながら、斬新な記事を書いていく必要が出てきます。

 

ライターに慣れたら、価格は低めだけど1記事全てを作成できる案件にチャレンジします。

 

 

大手企業が運営するECサイトなどは、1記事2,000~4,000円が相場になります。
ここらへんになると、記事にもクオリティが必要になってきます。さらに継続してコンスタントに記事を投稿できるかも求められます。

 

記事の修正など、細かな指示を貰えるようになるので、ライターとしてスキルアップできるチャンスです。

 

それ以上の価格帯になると、もう売れっ子ライターです。
記事の内容がより重視されるようになり、ライターとしての名前もどんどん売ることができるようになりますよ。

 

 

ウェブライターの単価報酬を上げるにはライターを続けること!

本を参考にライティングする

 

ライターの報酬を上げるには、やはりライターとしてのスキルが必要になってきます。

 

でもぶっちゃけ、初心者やライターの仕事に慣れていない人でも、1文字1円で記事を書くことができる世界なんですよね。
そういう記事が、キュレーションサイトなどでチェックや校正なしに使われるので、ウェブがどんどん面白くない世界になっていっているのも実情なんです。
愚痴ってしまいました。すいません。

 

でも、クライアントに気に入ってもらえるような記事が書けるようになると、報酬がどんどん上がるというのも本当です。

 

さらに、クライアントと直接交渉できないクラウドソーシングサービスでも、書けば書くほど単価が上がるシステムを取り入れていたり、記事の閲覧数が多いとボーナスがもらえるようなサイトもあります。

 

専門知識があるなら、専門分野の案件で勝負できますので、経験を活かして報酬を上げることもできます。

 

海外在住者だと、インタビュー記事を書くのは難しいと思いますが、インタビュー記事は記事単価がかなり高く設定されています。

 

また、私のようにブログを運営していると、キュレーションサイトからのオファーが続々と?届くようにもなるんですね。
ブロガーさんは、キュレーションサイトに投稿してライター名や自分のサイトPRとして、ライターの仕事を活用されている方もいらっしゃいますよ。

 

ウェブライターの報酬をあげるポイントまとめ

  • 価格単価の低いものでも継続して書き続ける
  • クラウドワークスのようなクライアントと話せる案件記事を書く
  • 専門知識が必要な案件を狙う
  • インタビュー記事を書く
  • ブログを運営してオファーを受ける

ブログ運営は、キュレーションサイトからのオファーを受けるだけでなく、そのほかにも稼げる手段がたくさんあるんです。

 

 

ブログで稼ぐ方法は、こちらで紹介しています。
海外在住者がブログで稼ぐ方法をこっそりお教えします


 


トップへ戻る