海外在住でもできる在宅ワークウェブ・ネットライターとは?

キーボードでライティングする女性

 

ライターの仕事は、在宅ワークの中でも比較的見つかりやすい仕事です。
海外在住していても、全く問題なく取り組める仕事の一つです。

 

資格は特に必要なく、案件数も豊富で書くこと自体が苦手・嫌いという人以外なら、経験がなくても簡単に始めることができます。

 

単価は種類や難易度によって様々ですが、書いて納品すれば確実に収入になるため、即金性があるのも魅力です。ここでは海外在住者でも手軽に始められる、ライター系の在宅ワークを幾つかご紹介します。

 

 

ウェブ・ネットライターの仕事って?

ノートパソコンでライティングする男性

 

その名の通りWeb上のサイトに載せる文章を書く仕事です。

 

企業のHPに載せるコラム記事やECサイトの商品の説明文、アフィリエイトサイトに載せる記事など、ウェブ・ネットライターには様々なジャンルの仕事があります。

 

ウェブ・ネットライターの仕事を探すには、「プラチナライター」や「Shinobiライティング」といったライティング依頼に特化したクラウドソーシングサービスに登録して、案件を探していきます。

 

「ランサーズ」も、ライティングの案件が多いクラウドソーシングサービスです。
「Sagooワークス」でプラチナライターに合格すると、単価の高いライティング案件の仕事をすることができます。
ライターの仕事も、しっかりと稼ぐ本業にすることが可能です。

 

 

レビューライターの仕事って?

特定の商品やサービスを利用したあと、そのレビューを書く仕事です。

 

これからその商品やサービスを購入しようかどうか迷っている人が参考にする、口コミ評価を提供する仕事というわけですね。

 

この仕事はライター業務の中でもかなり書きやすい種類のものなので、初心者でも始めやすいのが特徴です。
「〜の経験がある」などの応募条件にさえ適っていれば誰でも受注できますし、逆にレビュー記事を書くために企業などからそのサンプルを提供してもらい、試してみてその体験談を書くという方法もあります。

 

海外在住だとサンプル提供してもらうのは難しいですが、日本に家族がいる場合は転送してもらうこともできますね。

 

レビューライターもクラウドソーシングサービスから見つけることができます。
特に「レビューズ」はレビューを書きたい人と書いて欲しい人とのマッチングサイトなので、様々な種類の中から自分のやりたいものを見つけることができます。

 

 

コピーライターの仕事って?

パソコンを見ながら携帯を打つ女性

 

特定の商品やサービス、企業などのキャッチコピーを考える仕事が、コピーライターです。

 

「キャッチコピー」とは、一目見るだけで印象が残り、そのサービスを購入するなど消費者の心をとらえて行動させる短い文章のこと。

 

ですから、プロのコピーライターになるためにはセンスや経験、専門知識などが必要になりますが、クラウドソーシングに発注されている仕事はそこまで専門性が求められているわけではないので、未経験者でも挑戦することができます

 

クラウドソーシングサービスの、「キャッチフレーズ・コピーライティング」といったカテゴリから探すことができますよ。

 

 

編集の仕事ってどんなの?

「編集の仕事」と聞くと雑誌等の企画から誌面構成、原稿の校正、商品化までをまとめるプロデューサーの仕事をイメージしますが、クラウドソーシングで見つけられる簡単なものとしては、他の人の書いた文章を読みやすいように書き直す「リライト」の仕事があります。

 

リライト案件は多く簡単に見つかりますが、更に本格的な編集の仕事となると専門性が高くなるため、それほど数は多くありません。しかしその分報酬は高くなります。

 

 

マガジンライターの仕事って?

EbookやNoteを利用して、自分の体験談や特別な知識、趣味などを記事にして販売する仕事です。

 

購入してもらうわけですから、それだけの価値を持たせた魅力的な文章である必要があります。
海外在住者は、気づかないだけで様々な経験があるので、人のためになる面白い文章が書けるかもしれません。

 

 

その他ライターの仕事

他のライター系在宅ワークとしては、特定の商品やサービスを紹介し購入へと誘導する「アフィリエイトサイト」や、アプリやサイトの使いやすさを評価する「ユーザビリティ」、他の人より何かに詳しい人、専門知識のある人なら「インターネットリサーチ」で様々な質問に答えるという仕事もあります。


トップへ戻る